スカプアンズエッセイ03〜オモヒデ

今現在の知識(頭脳)と経済力を持ったまま、高校時代(青春時代)にもどりたい。などとみなさんは考えた事はありませんか?。さぞかし楽しいだろうとこのタイムトラベルを想像するでしょうが、答えはNOです。全く面白くもなんともない…

スカプアンズエッセイみたいなのってもう書けない。

2回続けてスカプアンズエッセイを投稿しました。 これは私なりに気に入っているので、再投稿(掲載)しているのですが、読み返すと甘い部分も多々あります。 あえて手を加えようとも思いません。 ただ、今このような文章を書こうと思…

スカプアンズエッセイ02〜キレの悪いうんこ

キレのわるいうんこは私のエコロジー精神に水をさした。といっても毎日の話ではなく、私は比較的うんこのきれは通常良い方なのだから、なおさら。キレのわるいうんこは結果的にコウモンを何度もパルプでこすることになり、地球上の熱帯雨…

スカプアンズエッセイ01〜今日

午前中の会議を終えた私は都会の裏道を散歩していた。そして黒い犬と黒い猫を同時に見る機会を得た。黒い犬は飼い主に連れられ、のっそりと草木の匂いをかぎ、老犬なのかのっそりとしていた。それを塀の上から黒い猫は少々の敵意とともに…