デジタルの功罪〜コピーの容易さ

デジタルイメージ

前回書いた、


オリジナルの重要性はデジタル化による招かれざる客だった

「高品質なコピーを簡単にできるということ」
でもこれは社会に莫大な利益ももたらしてる。
高品質なコピーが大量に出来るが故、オリジナルの重要性はむしろ薄まっていくかに思えた。でもそれは逆でした。

高品質なコピーは大量にコピーされ続け、その価値は逆にどんどん下がっていく。
コピーされにくいモノの価値が高いというのでなく、コピーすること自体に価値がなければダメという時代になったのです。
また、オリジナルの価値が上がったかに思えます。これは大量高品質コピーにいつの日か飽きることが予測されるからだ。

オリジナルというのはコピー元だ。

コピーされるような高品質なものをまずネットに記す

それを最初に世に放てば良い。良質ならばどんどんコピーされ、最初の一歩は記念す
べきモノになる。そして、ミックスされ、加工されつづけ。系統を作っていく。

オリジナルを作ると言うことは重要な作業になったが、難しくもなってしまった。

これだけコピーがどこでも手に入るとなると、正直、コピペ(楽な道)を選びたくもなるものです。

58a8ae08.jpg

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.