「もう春は来ない」と言われた木々達はどう思うだろう?

このまま耐えて耐えて立ち枯れるのか。
この環境を捨てて遠くへ移動するには、もうかなり根を張ってしまっている。

進化するには環境の変化が早すぎる。

まさに八方ふさがり。
今の日本はおそらくこの心境だろうか…。

しかし、実際には春は来る。大天候異変が起こらない限り。

春が来ればまた、樹々たちは黙々(この場合は木々とでも書くか)と、
花を咲かせ、葉を茂らせ、種をまく(針葉樹は違うけど)。

ただひたすらそれをやる。

これは樹々たちの「仕事」ではない。

「営み」である。

いまの我々に必要なのは「業務」ではなく、「営み」なのではないかと思った。
これは、仕事を捨ててパーソナルな「営み」をしろ、と言っているのではない。

「営むようにしろ」というニュアンスを汲み取ってもらいたい。

「業務」ひいては「仕事」とは、結局「営み」なのだと思う。

現代人は「仕事」と「営み」の差があり過ぎるので、
それが全く別のことのように思えてしまう。
仕事が複雑になり、自分のやっていることが一体なんの役に立っているのか?
分かりにくいからではないだろうか?

数字や文字ばかり扱い、現物を扱う仕事が減り、いっそうその肌感覚が分からない。
そうすると、自分がやっていることが、
自分が食っているものに直結してる感覚がない。
家も、洋服も。。。。

ぼくは、それがいけないとは言ってない。

社会がそうしてしまったのだから仕方ない。現代はそれで成り立っているし、
それを否定してももう戻れないし、
我々はそれを望んでこうなっているのだ。

以前に、地下鉄の車両の中に一匹の名もなき虫が入ってきた。
ぶんぶん飛び回っていた。
人はそれを避け、追い払っていた。
「ここに虫が入ってはいけない、なんで虫がいるんだ?」と。

虫は「どこにでもいる」のに………..だ。

暮らしと社会は、もっと密接に進行しなくてはならない。
仕事は、暮らしであり、営みにつながっていることを忘れてしまっている。

営業の「営」は、「営み」ではないか。「営む、業(わざ)」と取れる。

「営業に行ってこい」というと「モノを売りつけて来い」というニュアンスが強い。
モノが必要ない世の中だから、売りつけるというニュアンスにならざるを得ない。

これから世の中は本当に必要なものしか売れなくなる。
それは何か?「営み」に近いものだと思う。

今回の震災はそれを教えてくれたような気がする。
木々は倒れない限り、また芽吹く。

しかも、それすらも春が来ればという前提なのだ。

もうお気付きだろう。君の努力だけで春は来ない…。

君の春は、もっと広く、深い視野で考え、
誰かと行動しない限り来ないのだ。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.