どうしてブラウザを作りたがるの? 2

前回のつづきです。

いろいろなネットサービスがありますが、
ログインした状態で、いろいろしているとそれらの行動は全て記録されます。

例えばGoogleアカウントにログインしていろいろネットサーフィンすると、
その履歴はブラウザはともかく、Googleにも記録される。
まあ、記録してもらってどうもありがとう、という人もいれば記録されては困る、という人もいるだろう。

試しにGmailで恋人と旅行の計画に関してやりとりしてみてください。
キーワード広告には旅行代理店やら、ホテルの案内やらが表示されるはず。
そう、Googleはあなたのメールのやりとりを見て、
こんなことを求めてるんですね?と広告を表示します。

GoogleがOSをリリースするわけは分かりますよね。
ローカルマシンという聖域を制覇しようとしているのです(もちろん今もGoogleデスクトップとかありますが)。

前エントリーの最後にビッグブラザー足り得るかということを言いました。

ぼくの答えはノーです。

以前ペンタゴンは全てのネット通信を監視している的なことが言われておりましたが、
これだけのトラフィックを監視するのは不可能です。
もし、出来たとしてもそれは労力のわりにあまりにも得るモノがすくないと思われるからです。

ただ記録していて、参照できるという状態にしておくことは有効だと思います。

アサンジ氏が逮捕されて、いくつかの企業がサイバー攻撃を受けました。
ハッカーからすると、攻撃なんてしようと思えばいつでもどこでも可能だと…。

サイバーウォーズという人が死なず、損害額だけが膨らむ戦争というのも、
悪くないのかもしれない。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.