基礎編 「クリエイターの労働時間はなぜ長いか?」

現代のクリエイティブワークというものに対して、日頃思うことなどをピンポイントで投稿したいと思いました。最終的にはここを見れば全てが分かる!といったようなカテゴリにしたいと思います。

今回は不夜城やデスマーチと呼ばれる、クリエイターの超長い労働時間についてひとエントリーしたいと思います。

クリエイターの実際の仕事は、非常に労働時間が長い。

クリエイティブな仕事とは、頭や感覚といったものを駆使して、あまり肉体は使わないような印象があると思いますが、ぼくはどちらかというとクリエイティブとは粘土をこねたり、ペンキをぬったりするようなイメージです。それをパソコンでやっているだけです。

労働時間の管理について

かなりうるさくこの業界に対して行政指導が入っているようです。ほとんど時間を無視して働いているこの業界では、明らかに労基法にフレるようなケースが当然のように現場で行われています。そこでいろいろ問題が起きてからでは遅いというのが国の言い分なのでしょう。ましてや今はエコの時代。超長時間労働はそもそも狙い打ちされます。

私のお客様との話しの中で、「工場で朝から晩まで立ちっぱなしで8時間働いている人と、我々の行っている作業を比べると密度が全然違う。我々は机にずっと向かっているものの、ネットを見たり、おしゃべりをしたり、メールをうったりしながら、ゆるく作業をしている。集中して、午前に3時間、午後に4時間クリエイティブに没頭すれば、残業はなくなるだろう」と言っておりました。
では、どうして労働時間が長くなってしまうのでしょう?それは単純明快で、まさに「クリエイティブな仕事」だから…です。求められるプラン、ビジュアル、コピー、その他プロダクトを思い描けなければ、どんどん時間が経ってしまいます。また、思い描けたとしても、「ボツ」や「NG」や「ダメ出し」、もしくは「修正」といった言葉でその作業の大半は水泡と帰すのです。では、なぜ水泡に帰してしまうのでしょう?


回避策はそもそも蚊帳の外

これを防ぐ方法は、クリエイティブという職種が誕生してから現代まで、全く考えられてきませんでした。強いて言うのならば「ボツ」や「NG」や「ダメ出し」、もしくは「修正」率を下げるために、膨大な書類を作り出す作業を見いだしたことくらいでしょうか?

この作業は最初と比べて現在ではあまりクリエイティブな作業ではありません。どうしてかというと、情報の平準化が挙げられます。昔に比べて情報はアクセス容易なため、クライアントにとってもありがたくないのです。
クリエイティブの「ボツ」や「NG」や「ダメ出し」、もしくは「修正」率を下げるために、クリエイティブでない膨大な書類作成に時間を費やすといった仕事が現代のクリエイターの頭の抱えどころとなっているのです。

仕事とは高効率で行うべき物ですが、とかくクリエイティブとなると効率そっちのけで「作る」ことの熱中してしまうあまり、労働時間が長くなってしまうのです。

長く考えるのがイヤであれば、OKを出してくれるための資料づくりに時間を費やすことになり、結局は堂々巡りです。いまのところこの「OKを出してくれるための資料づくり」に時間を費やすことの方が結果として早い、という結論も多くの方で賛成されているようです。

いまのところ労働時間を短くする決定的なワザは開発されていないでようですが、
何か答えはありそうです。

★今日のショケン
前回のエントリーでタクシーは偉い人や芸能人と接する機会が多いと言いましたが、地方に限ってはそうでもないようです。ただ、いずれにせよお客様とツーショットになれる可能性の非常に高い職業であることには間違いないでしょう。これこそがタクシーの醍醐味です。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.