居心地の良さ結え、君。

2b2aec0e.jpg「居心地の良さ結え、君。」

そんなことないよと言えない僕。
うすっぺたいけど。言わずのも良い。

居心地の良さ結え、君。

君が求むのを僕は満たせない。僕はハンパニンソクだから。

君は僕を安楽させてくれる。
その居心地の良さゆえ寂しさがはじまる。

秋になって冬になっても。心はぼんやりとしたまま。
気がついているね。僕が君を満たせないことを。

でもぼくはごう慢だから、君を満たしたいとすら思ってる。
お腹なんかすぐ満たせられる。喉なんか。

辛い事や、楽しい事を共有するのもいいけど。
君の求めるものは寂しい限りだ。
恒久的に寂しいなんて。
物悲しい限りだ。


明日はイヤでもくるんだから。
おもちゃなんか欲しがるな!。
ほんものだけを追え!。
傷を負え!
痛い、助けて! お母さん!。お母さんを呼べ!。
叫べ。
おえ。おえー。おええええ!
嗚咽がしてなんぼが!。
この恋だけは、嗚咽がしてなんぼのものがあああ!。
水銀灯に照らし出された、あ、あの!。あそこに寝ているのは!?。
血が流れている? 黒い?。
いや、あそこに転がっているのは!。

私でした。

私はそれを処理できずに逃げ出してしまいました。
35度の角度で逃げ出してしまいました。

馴れ合いゆえ、君。僕に頼る。戯れ合いゆれ、君。傷が傷む。

何もかも捨て切れない、くせに。何でも新しいものがいいなんて。
まるでトイザラスで、ダダをこねるソレと同じレベルぢやないか。

こころ。こころが欲しい。散々わめいて。夜は耽て行く。

百鬼夜行はもうこない。それは心にだけ来る。
モーレツな寂しさとともに。

君のとなりに寝ているのは土偶。君のとなりにて朝気付けば、崩れて。
当然ですよ。
私はドロダンゴと同じレヴェル。

光はいつも見えて来ない。胸をどんなに寄せたって。
カーテンから差し込むのは足音ばかり。行進だ。光進だ!。

ぼくはどうなったっていいから。そんなの最初から知ってんだ。
あなたはいつかこのぼくを超えて。しまう。

そしてひとときの安楽にまた身を委ねるでしょう。でもそのときは素直に。
ありがとう、または、おめでとうなどと言いたい。

こんなぼくで良かったら。殺して下さい。
でもできれば安楽死させてください。

君の恐い淵は毎晩。足下に現れて君を引きづり込もうとする。
どんなに声を上げても。きっと私は助けに行けないでしょう。

そういう宿命なのです。あなたにとって僕はそんなもんで。
そんなもんでいいです。

君も僕も弱いゆえ、小さな手を盗ってしまった。
あの日はもう戻らない代わりに、今日や明日が確実に来るんです。

ぼくはあなたを愛し続ける。

アーメン。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr