広告会社は自社を広告でアピールしてはダメなのか?

以前から思っていた事で、広告会社は自社の広告はへたくそなんではないかという疑いが晴れないでいる。
広告会社が広告してはいけないという何か規則があるだろうか?

もしかして広告会社は自社の広告は苦手なのでは?

「A社に広告はお任せください!安心と実績があります!」
「売り上げアップナンバーワン!広告ならB社へ!」
「安さ爆発!広告C社!」

といったコピーがメディアに出る日は永遠にないのだろうか?
広告会社だって、広告する事が売り物なのだから、広告が商品と言えるはず。

媒体だって商品であるからして、テレビ局が「この15秒○○○万円!いますぐ電話を!」というCMを流しても全然OKなはず。

いや、そもそも広告会社は広告主となる会社を支える会社だから、目立ってはいけないのだ!
といった発想からだろうか?それも、あまりにも控えめすぎる。
ヒト(他社)のことだから出来るのだろうか?

広告会社の広告はさぞかしイケてるんだろうね?

それはきっとね、何かこう、深ーいモノがあるのではないでしょうか。
広告業界にいるヒトならある種の違和感を感じることがあるのではないでしょうか?

一度、広告会社が自社の広告をするコンテストを見てみたい。
これは相当なプレッシャーなハズです。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.