カテゴリー
個人的な見方

むく!

ひとはくるまれているものを剥くのが好きであります。
なぜなら、くるまれているものはたいがい大事なものだからであります。

くるまれているからには剥かれるのは宿命なのです。
逆にくるまれていないものは、粗末に見えます。箱入り娘などといいますが、大事にされていてなおかつ箱は開けられる運命なのです。箱は開けられる運命ゆえ、閉じられるのです。
箱は開かないはずはなく、むしろ開けたくなる衝動にかられ、びりびりに剥かれてしまうのです。

ラッピングとは剥かれるためにあるのです!なんと!
つまり、ひとは剥かれるためにくるむのです!

だって、大事なところはみんなくるまれているでしょ?
局部だって大事だからくるまれている!
剥かれるためにくるまれている!
愛を交わすときも相手を剥きたくなるじゃないですか!
(服を脱がせるという意味です)

これはものすごいことです。うまく出来ているのです。
多くのたべものもくるまれているます。
わざわざくるんでたべたりします。

そして、もっとすごいことに剥かれたモノはいらないのです!
むかれてはくるまれ
むかれてはくるまれ
永遠ループです。

これをマーケティングに生かせないかな?
などと考える今日この頃です。

作成者: Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネット黎明期からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、NPO活動、野良IT、みどりの鳥などいろいろやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.