人生の最終コーナー

2019年イメージ

を曲がった所、ととある社長に言われたことを思い出した。

あとはまっすぐゴール(死ぬ)だけ。
という意味だろうか。

ただ、人生は思いのほか長くなってしまった。

最終コーナーを曲がったらあとは直線なのか?

そう、今回は年始のエントリーで、毎年テーマを掲げているはずなのですが、辞めました。

変化は進化だ。毎年同じことをやるのももちろん否定はしない。
ただ、もう〜デアレ、とか言ってる気分ではなくなったのだ。
そして、繰り返すことをやめることを厭わないのがカッコいいとすら思えてきたからだ。

そう、人生の最終コーナーが見えてきたからだ。

今までやってきたことを辞めることによって新しいことが生まれるってこともあるのかなと。

さらに言うと、この前のエントリーが、「イキテルカンジデアレ」と言う新年恒例のエントリーであった。
このことから私は1年間ブログを更新しなかったことになる。

厳密に言うと他の記事をちょこっとチューンナップはしていたのだが、こんなにブログを書かなかった期間は、 今までなかっただろう。

ブログの更新が年イチってどうよ?

1年に一回更新される程度のブログに成り果ててしまったのだ。
しかし、それもよしとする。
変化は進化だ。

話を戻そう。

人生は思いのほか長くなってしまった。
人生100年時代としきりに叫ばれるようになった。

そう考えれば、最終コーナーはまだ先のようだ。
ただ、自分的には最終コーナーが見えてきたような気がする。

そう、今までかなり自分のやりたいことをやってきた。
厳密には自分のやりたいことが出来る様に努力を惜しまずやってきた。
そのために、自分のやりたくないこともやってきた。(なんだそれ)

まあ、概ね自分のやりたいことはやれてるので、
そろそろ人がやりたいことをやろうと思い始めたのです。

そう、そう言う意味で最終コーナーが見えてきたのです。
人のために生きる。

今更ですが、はっきりと分かりました。
人のために生きることによって、自分が生きる。

人生100年時代

投稿者近影

最終コーナーは人のために曲がろうではないか。

そう考えると何故か肩の荷が下りたような気がする。
最終ストレートも、何かこう最高スピードじゃなくてもいい気がする。
と言うか、そんなにもうスピードは出せないだろう。

人のために生きるのは自分のために生きるよりはるかに楽だ。
と言うことが分かってきてしまったからだ。

ただ、まだまだ小生も野望が完全に無くなった訳ではない。
自分のやりたいことと他の人がやりたいことが合致するのは気持ちがいい。

そこをまず模索していこうと思っています。今年は。

そうすれば、最終コーナーを事故らずに曲がれるような気がする。

そんな気がするのです。

明けましておめでとうございます、2019年、本年もよろしくお願い申し上げます。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.