コンビニによって商店街や個人店舗が駆逐されたのではない

台湾セブンイレブン

どこに行ってもコンビニだらけ。という風景は、私たちが求めた結果である。
嘆く必要はない。
みんながコンビニを求めているから、こうなったのだ。

個人の小さなお店がどんどん潰れていることを危惧するのであれば、今すぐコンビニの利用をやめなさい

みんながコンビニに頼りすぎた結果が、商店街や個人店舗を駆逐してしまったのだ。

でも、コンビニはイヤだ、という気持ちも分かる。

どこに行ってもほぼ同じものばかり
深夜の若者の溜まり場となっている
落ちているゴミは大抵コンビニの包装

などなど、負の要素も確かにある。

しかし、売っているもの全ては、そこそこに美味しくそこそこにリーズナブル、いつでもやっているという最大の特徴は、他のどの店舗形態をもいまや凌駕してしまっている。

おそらく、いまお店を始めようと思ったらコンビニがもっともローリスクであろう。

都市部のコンビニはイートインコーナーがあるところが増えている。
これはちょっとお茶したい、というみんなのニーズに応えた結果だ。

私的にコンビニヒストリーを振り返ってみた

ここで、私のコンビニ歴を振り返って見ようと思う。
コンビニを、愛し、時には憎み、寄り添ってきた歩みを。

私が小学生の頃、酒屋(酒屋といいつつ駄菓子やら、ゲーム機やらが置いてあり、当時の子供にとってはたむろするためのひとつの遊び場だった。)
中学生になる頃だろうか?、正確には覚えていないが、この酒屋が「サンチェーン」になったのだ。

※サンチェーンは後にローソンとなる
>>サンチェーンのウィキペディア

これが私のコンビニ初体験である。
この私が通っていたサンチェーンは、当初24時間営業ではなかった。

ほぼ同時期、「セブンイレブン、いい気分と」いうCMが大量投下された現セブンイレブンが、その名の通り朝7時から夜11時まで営業すると高らかに謳うようになってから、あらゆるコンビニがそれに追従するようになった。

のちに24時間営業が、あたり前となり、私の初コンビニであるサンチェーンもすぐに24時間営業になったと記憶している。
下記参照
>>コンビニが24時間営業になったのはいつから?

私が当時最も便利だと感じたのは、マンガが立ち読みし放題(ホントはダメなのだが)というのと、やはりその深夜までという営業時間だった。

その当時から深夜に行くと店長(要は元酒屋のおっちゃんである)が、目を真っ赤にショボショボさせながらレジを打っていたのを覚えている。その頃から深夜の人手不足は始まっていたのだ。

このサンチェーンで、友人が万引きして捕まったという印象深い出来事とともに、このコンビニとの思い出も薄くなって行った。

時代はあらゆるものが24時間営業に舵を切って行った。レンタルビデオ屋、居酒屋、ファストフードなども次々と不夜城と化し、当時若者の私としては、朝まで過ごす場所には全く困らなくなっていた。

印象的なのはブリトーでした

商品で印象的なのは「ブリトー」である。
言うまでもなくセブンイレブンの大ヒット商品であり、私は当時からこのブリトーにやられてしまった。
お店でレンチンするというコンビニならではの特性(当初はこれが斬新だった。カップラーメンのお湯の供給くらいまではなんとか他店舗でも可能だったが、当時は全ての家庭には電子レンジはなかった)を活かしたブリトーは、今でもセブンイレブンの棚に並んでいる。
そして私は現在になってもこのブリトーに手を伸ばすのだ。

おにぎりの海苔が分化した時も驚いた。これでいつでもパリパリの海苔でおにぎりが食べられるようになった。
とにかく、コンビニは人々のニーズを満たすため、それこそ日夜努力を惜しまなかったのだ。

その後コンビニは、肉まん、おでん、宅配便、公共料金の収納代行など次々と「コンビニエンス」を提供してきた。
コンビニの進化は社会の変化を常に映し出してきた。
「もっと便利に!」を大号令に、とにかくコンビニは走り続けたのだ。

振り返らずに。

そう、今思えば、この便利さという名の「コンビニの誘惑」が、私にとっては一時期憎悪となっていた。
コンビニを利用することになぜか背徳心を抱きつつ、いつでも迎え入れてくれるそのコンビニに結果として癒されているというジレンマからだった。

そして話は戻って現代

話は現代に戻って。
その背徳心は今もある。コンビニさえなければ、こんな深夜にドーナツを頬張るなんてことはないはずなのに…。

コンビニは人々の欲望の塊と化した結果、商店街は衰退し、今ではスーパーをも駆逐しつつある。
さらに淹れたてコーヒーを提供し始めてからというもの、そのライバルはドドールコーヒーを加えることになり、あれだけ仲が良かった缶コーヒーメーカーをも締め出そうとしている。

コンビニはあらゆる店舗を浸食し、流通形態も進化させた。
現在の流通網を進化させたのは、欠品を許さないコンビニの発注システムによるところが多いだろう。

街の小さなお店がどんどん潰れていることを危惧するのであれば、今すぐコンビニエンスストアの利用をやめなければならないのだ。
運搬業のブラック化を止めたければ、今すぐコンビニエンスストアの利用をやめなければならないのだ。

街の小さなお店は確かに、手作りの食べ物や情緒、温かみを売ってきた。
だが、私たちはそれを捨てたのだ。

これは、コンビニエンスストアのせいではない。
あらゆる便利をコンビニエンスストアに求め、みんなの出した結果なのだ。

もちろん、夫婦共働きや、一人暮らしの増加、深夜までの労働など、ライフスタイルの変化が、コンビニにマッチしてきたのは言うまでもない。
折しも「コンビニ人間
」が芥川賞を受賞したのも必然かもしれない。

そしてもう戻れないであろう

コンビニはもはやインフラとなりつつある。
多分コンビニがないと生活出来ないであろう、お年寄りも散見される。

日本の生み出した最先端小売店舗システム。

嘆くのではなく、誇るべきかも知れない。

こうなると考え方を変えて、いかにコンビニを利活用するかを思案した方が良いかも知れない。

あなたは毎日コンビニで、いくら使っていますか?
そのアクションが、町の小さなお店を駆逐したのです。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.