38年間とんかつを揚げ続けるということ

これに、かなうわけはない。

この38年間はぼくの人生の比ではない。
38年間、来る日も来る日もとんかつを客に出す。
そして、それで自分も食っていく。

とんかつを客に食わせる事で38年間自分も食っていく。
これが、どんなにハイレベルなことかは容易に想像がつく。

自分でとんかつは食わないのだろうか?と素朴な疑問もわくが、
そんな尺度はちっこすぎるな。愚問というものだ。

何かを数年でも成し遂げられない自分を振り返り、「かなわない」と素直に思う。
俺の人生はなんなのだろう。
薄皮アンパンの皮レベルだろうな….。

身近なところにスゴイコンテンツが潜んでいる。
それを、へーと流さず生きていく。

奥が深いな。人生は。

唯一気になるのは、それを継ぐ者が見られなかった…。っということか。
人は継がれる物だ。それが無くなるというコトは、糸が切れるかのごとく寂しい。
プツンという音が響くのは、それは悲しいということだ。

奥が深いな。人生は。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.