「やってみる」というコトからしか得られない貴重な経験がセンスとなる

経験はセンスとなる

経験はセンスとなる
もすごく大切です。
でも、すぐに忘れて今度こそは!と思ってまたしょんぼりする。
思えば、ぼくはミーハー(死語)なので、やってみるというコトに関していうと、
結構やってきています。

インディーズ(死後)からレコードデヴュー、
ラップユニットから作詞家かぶれ、
CGデザイナーからWEBクリエイター、
映像ディレクターからモーショングラフィッカー、
キャラクターを世に送り出そうと絵本を出版してみたり、
またまたアニメってどうなんだろうって思って原作を考えてみたり、
WEBが熱いのでスタートアップに手を出してみたり。
これからはローカルだ!って思って地元でなんかできないかとモサクったり。
私の経歴はこちら>>

どれも成功しているかは置いといて、置いといて。
やってみないと分からないという経験は、素晴らしく身に付いている
と思ってます。
それを活かせてるかは置いといて、置いといて。

そこいら中に手を出して、齧り散らかしているといって仕舞えばそれまでです。
でも、プロとしてある程度極めるのが、
私の目指すマルチマンというものです。
ある程度というのが微妙かつ重要です。

しかもまだまだやりたいことがたくさん有ります。
死ぬまでにあと、幾つ出来るか。

久々にfacebookで出会った旧友から、「マルチ道を突き進んでいるとは、ブレないね〜」と言われて、そうかやっぱりマルチ道を進んでいたのか。
と、嬉しく思った。少なくとも行き先は自分の思い描く方向と間違ってはいない。

もう、本当にオッさんになった。
オッさんになればなるほど、頭が固くなるという。
頑固というとつまらないので、許容できなくなるということらしい。
つまり、経験が邪魔して、受け入れられなくなってしまうことだと。
それはすなわち視野が狭くなるということだ。

そうはなりたくない。

常に全てを柔軟に受け入れたい。

進化を受け止めよ。

「いつも、次を考えています。」

この私個人のキャッチフレーズに込められた意味もそうです。

次にやることが全てなのです。
次にやることがなくなったら死あるのみです。

というわけで、まだまだやります。

そして、幸いにも、僕の周りには「まだまだやる人」がたくさん居るのです。
励まされます。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.