働く時間について思ったこと

ワークタイムアイキャッチイメージ

ワークタイムイメージ

人には、仕事の効率でいうところの、「朝型」と「夜型」、「標準型」のおおまかに3タイプに分かれると思います。
朝型は、4〜6時くらいから活動開始し、だいたい10時間後に落ちます。
夜型は、10〜13時くらいから活動開始し、だいたい終電もしくは26時くらいに落ちます。
「落ちる」と言うのは仕事への集中力、意欲がなくなるという意味です。主に寝る事をさします。

標準型は、いわゆる9時5時と呼ばれるタイプの方々です。
このクジゴジでも、残業プラス2〜3時間というのが当たり前でしょうから、標準型も決して楽とは言えません。

そんなカタがある人たちを、「残業はナシ!」と社長が大号令をかけて、改革していくといったビジネス本などがあります。また、残業を諸悪の根源のように扱う風潮もあります。
ただ、中には残業が好きでやっている人たちというのも確実に居るのです。
もちろん少数派ですが、ぼくは知っています。

昨今はブラック企業だなんだというバズワードもあって(あった?)、労働基準法に対してグレーゾーン金利かのような突っ込み商売をする士業の方もいるとかなんとか。

私は残業が当たり前の業界に居たので、平均的な意見ではないかもしれませんが、そもそも「サービス残業をしなければ利益をあげられない業務」をなんとかするべきだと思います。

ぼくは昔こんなことを従業員に言っていました。

「ぼくらのやっている仕事は、オーダーメイドの1品モノを創ることだ。いいアイディアが1分で思いつけばいいけど、3日間かかるときもあるよね?そんな仕事をどうやって時間で計るの?」
と。

残念ですが、これは間違っていました

クリエイティビティは、時間を浪費するためではなく、その浪費してしまう時間を減らすことに充てるべきなのです。
誰もが、1分で良いアイディアが思いつき、アウトプット出来るようなノウハウを会社に蓄積すべきだったのです。

「いやあ、そんなの無理でしょう…」

無理だとしても、3日を1日に、1日を1時間に、少しでもクリエイティビティを加速させる、又は効率化するためにやるべきことはたくさんありました。それを全力でやるべきでした。
でも、それをやっているプロダクションをぼくは見たことがありませんでした。

ちょっと話がそれました。

そもそも、いろいろな人がいるので、それを制限するのではなく、各自が思いっきりクリエイティビティを発揮する、環境、時間に仕事をすればいいのではないでしょうか?

なので、最近はリモート組織がなんとかできないものかと考えています。
リモート組織では業務時間が管理できない!とお思いでしょうか?
では、タイムカードがあれば業務時間は管理できるのでしょうか?
それが出来ないからサービス残業がまかり通り、なおかつ定時で無理矢理タイムカードを押させるようなブラック行為がはびこっているのではないでしょうか?

おそらく時間の管理より、プロセスを管理し、いかに早く結果が出るのかを考える方が明らかに良いでしょう。
だって、時間がかかる人はいくら定時で帰れっていっても帰れないんですから…。

むしろ、リモート組織の問題は、人材の育成です。特に新人はそのクリエイティブ特性を発揮するまで、時間と経験が必要です。それをリモートで行うにはよほど意欲のある人間でないと難しいと思います。それをサポートするような効率化ノウハウを組織に蓄積すれば良いのです。

で、それをやってみようと思った訳です。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.