デジタル情報の格差で何が起こるのか?

internet_and_population_hires_icatch

グローバルデジタルデバイドマップ

という重いテーマに挑んでしまいました。画像の白い所は、人口もIPアドレスも多いところ、赤いところは人口は少なくIPアドレスが多いところ、青いところは人口が多いのにIPアドレスが少ないところを指すそうです。実際には世界までありますが、一部をトリミング加工しております。

結論を最初に言い(ってどっかのなんとかにブログのポイント的な感じで書いてありましたね)ますと、「何も起こらない」と思います。

本来デジタル技術(ここではデジタルがもたらした最高の技術=インターネット)は、弱者を助けるための技術だからです。しいて言うのなら、弱者の中でデジタルデバイドが現れるかもしれません。これは深刻な問題となるでしょう。

※以降、現時点でインターネットテクノロジーをデジタル技術の最高のものとみなし、デジタルデバイドとはインターネットデバイドとし、情報格差=デジタルデバイドという認識でエントリーを進めます。

しかしながら日本では、ほぼみんなスマホやガラケーを持って日々インターネットを利用しているところ見ると、弱者の中のデジタルデバイドは少なそうです。あとは、山奥から離島の隅々まで高速ネット環境を整えれば、ほとんど問題なしです。低速・中速インターネットはもうかなり隅々まで引かれている思っています。

なので、貧富の差がそのままデジタルデバイドにはならないはずです。

インターネットさえ活用できれば、日本はまだまだチャンスがある!と思っている方は若者でも多いでしょう。かくゆう私もその一人です。

問題は「活用できない」の一言につきます。「活用できていない」と言った方が正しいと思いますが、「活用できない」という言葉も当てはまります。もっと限定した表現だと「活用したくてもできない」といった現状もあります。

活用する気がない?

ゆえ、日本ではデジタルデバイドが進むのです。

その大きな要因に経済の偏ったバイアスもあります。これはかなり大きな影響で、デジタルデバイドを進行させています。この話題はこれで、ものスゴイ大きな話になりそうなので、ここで詳しくエントリーはしません。

また、既存の価値観と、このインターネットを利用したほうが大きなものが得られるという価値観のぶつかりを取り除くことです。

正しい技術と、正しい使い方をし、それを教えあえば、デジタルデバイドはなくなります。
正しい技術と、正しい使い方をし、それを教えあうのに、インターネットは最適なツールだということが、また憎らしいですが。

インターネットの特徴のひとつに個のパワーを最大化することが挙げられます。これはまさに弱者がパワーを得るための最高のツールであり、昨今のバイトの悪ふざけを社会問題、マネジメント問題まで押し上げることによって証明されています。

バイトの高校生たちが目立とうと思ったら、おふざけ写真をネットにあげるだけだからです。
目立つということはパワーが得られます。インターネット上ではトラフィックはパワーも得られますが、消費もされます。トラフィックはパワーとなって消費されていくのです。

ネット上のトラフィックは車のガソリンみたいなもんです。車が勢いよく走ればトラフィックを奪います(消費します)。

そう、昔(今も居るか)、道路を幅いっぱいに蛇行運転するバイクに乗っていた輩を思い出しませんか?
彼らは主に若い人たちです。

そう、

ハンバンボー(暴走族)と呼ばれた人たちです。

今も昔も何も変わっていない。
デジタルデバイドでは何も起こらない。
今起こっているは、ネット上でのちょっとしたバンボー(暴走)です。

問題なのは使い方です。
使い方は、使う人によって変わると言うでしょう。

カッターやハサミの使い方を教えるかのごとく、ネットの使い方を教える必要がある、
とぼくは思っています。

画像の元ネタ
>> http://driven-by-data.net/about/global-digital-divide/#/0

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.