You Fire! 〜おまえはクビだ!

movie Icon 昨日になるのですが、Apple Post NAB2007 に行ってきました。

もちろんFinal Cut Studio 2 の実力を見に行ってきたのですが、プレゼンターが米アップルの方で同時通訳にてわれわれは傍聴したわけです。

デモを行うのが日本のアップルのスタッフだったのですが、8コアパフォーマンスメーター?がちょっと予定通りに回らず、失敗?と思ったときに…


「You’re Fired!」(もしくはYou Fire!と言ったと思います)とプレゼンターが言い放ち、

「クビだ、と…」と、同時通訳が入ったとき、思わずウケました。

会場もウケてましたが、デモのアップルのスタッフは数百人の前で、上司と取れる人物から冗談でも「くびだ!」はキツイものだろう。

半分本気、半分ジョーダンといった雰囲気が、これまたひきつった笑いをさそったと同時に「クビ」が日常的な米ならではな発言だろうなと。

日本人なら「お見苦しい点が〜」とか、フォローするだろうシーンで、「おまえがミスったんだろうが!おまえの責任じゃ!」といった指摘は明朗であると同時に、ビジネスに冷徹である米国スピリットを感じたのでした。

それと、肝心な Final Cut Studio 2 の実力ですが素晴らしいです。

よくぞAppleやってくれました。CS3に当て込んででしょうが。。。負けてませんでした。

詳細は実際にいじってみて。ということで。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.