ビールっ腹に腰履きデニム

腰履き 最近デニムを買いました。

これがかなりの腰履きなのですが、最近はこういうものだという店員に言われるまま、購入しました。
「ええー知らなかったノー?」と思うなかれ、オトコもののローライズ化はかなり前からもちろんあったのですが、イマはさらにローライズなようなのです。

しかし、実際に履いて日常を過ごしてみると、これがイイ。
なにがいいかというと、


下っ腹が出はじめるジェネレーションとしては、ちょうどお腹がのっかって苦しくないのです。なんか、出っ張っているお腹を支えてくれるかのような位置にベルトがくるのです。

お腹がのっかってしまうのは恥ずかしいですが、なんとなくデニムがそれをフォローしているかのようで、心地よい。
ビール腹にローライ図

考えてみれば、図のようにへそに近い位置のウェストでパンツを履くと、デばったお腹の最も太いところになってしまい、締め付けが厳しくなるではないですか!
サイズもアップしなければ履けないかも。

その点、腰履きならへそのかなり下の位置に来るので、お腹いっぱい食べた時でも苦しくならない。むしろ腰履きを理由にデニムをさらにずりさげてもいいんじゃないかと錯覚するくらいだ。だって腰履きだしだもんとかなんとか。

ただ、男性の場合、女性のように要所が平坦でないといったコトもあって、あまりのローライズは物理的に厳しいかもしれない。へそだしに関しても毛が濃いい人はギャランドゥ(オヤジ語)してしまうので、同じくムズい。

で、この腰履きデニム。いいですね。若い人たちだけでなく、
じつはビールっ腹にこそ、腰履きデニムだったのです。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.