おすすめとは2〜口コミが流行っている。

BLOGアイコン クチコミがネットで流行っている、といいますが、実際はしゃべっているわけではないので「書きコミ」とでもいうのでしょうか。

ネットのおかげで、「オススメ」が一昔前とは比べ物にならないほど多くなっています。
ネットの書き込みやブログなどでススメられている商品は、アフィリエイトと連動している可能性が高いため、どうしてもいいことばかりが目立ってしまいます。


ある調査では店員(あるいは専門家)の言う事よりも、身近に知っている人の言う事のほうが信頼できる、という風に言われております。
これも、店員さんが売りたいモノと、お客様が買いたいモノが違うからであって(在庫処分などといった理由もあるでしょう)、アフィリエイトと同様の心理が働いております。
店員さんはイイものをススメると同時に、売りたいモノをススメてもいるわけです。
例えばお客様が、これが欲しいんだけど買うにあたり、あとちょっと「背中を押してほしい」ときに、店員さんに聞くと、自分が全く眼中になかった同種の他商品をすすめられたりするわけです。そうするとテンションが落ちるか、迷ったりするかして、なんとなく店員が悪いやつに思えて来たりするから困ったものです。

商品にも多様性があって、「こんなもの誰が買うんだろう?」と言ったものも、ある人から見れば「大変魅力的」だったりするわけですから、とりあえずススメてみるのは決して悪い事ではないと思います。その結果かどうかはわかりませんが、ネット中でいろんなものが大量にススメられてしまっているわけですが…。
なんかわからないけどオススメ=ロングテールだと思っています。

広告の世界はともすれば、商品をより良く見せなければならない、少しキナ臭い商売なわけですが、良く言えば、商品の良いところを最大限に引き出す、というコトでもあると思っています(お詫び広告ってのもありますが…)。

広告の良さと、商品の良さは、比例しないというのが現実だと思います。

例えば、ちょっと古いですが、暴君ハバネロの広告を見て僕は面白いと思うのですが、辛いモノがきらいなぼくは暴君ハバネロを買いません。
でも、コンビニでスナックを選んでいるときに、知人が迷っていたら「暴君ハバネロがいいんじゃない?」とか言ってしまいそうです。

口コミか、マスコミか、賢い消費者か?
ううーむ、恐るべし Recommend …。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.