敬愛なるジョブズ氏へ

スティーブが逝った2011年

私の人生を変えたと言っていいパソコン、それはAppleのMacintoshだった

ぼくの著作の本のプロフィール欄には、「Macと出会い~」という下りがある。
初めて使ったパソコン(というかパソコンとはマックの事なのだが)が
AppleのMacintoshだった。

当時まだ怪しい街だったアキバに行って、
勇気を振り絞って、大枚をはたいて買った経験を思い出す。

以降、ある程度マックのエバンジェリストとして
いろいろな人に薦めてきた。
「デスクトップとはね…」とか、
「ファイルを捨てるにはゴミ箱に入れるんですよ…」とか、
「フルカラーとはね…」とか….。

そしてAppleが厳しかった時代も知っている。
もうなくなるだろうなあ、などと危惧した時期も。

ぼく的に受けたインパクトは、
QuickTimeの登場だった。
これを見たときに、パソコンで映像が本格的に編集できる(かもしれない)とわくわくしたもんだ。

スケルトンでカラフルなiMacが登場したときのインパクト。

G3Macが登場したときのインパクト。

以降は、もう語るまでもないが、
iPod Touch も衝撃的だった。
これを初めて触ったとき「これでインターフェイスがまた変わる!」
と思った。居酒屋にいくたんびに、みんなにさわらせたもんでした。

Appleという企業が、リアルタイムで動いているときに、
また、スティーブジョブズが生きている時代をリアルタイムで共有できたことを、
心から感謝している。

Macというパソコンがなければ、
今のぼくはここにいなかったと、
本気で思っている。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.