クラウドやスマホは使えるの?

アプリアイコン郡

先日ITクラウド事業を立ち上げたばかりの方とお話をしていて、
AppleのiPadやiPhoneのCMは、使い方を説明しているものが多いですよね?
と言われてはっと気づきました。

いままでのアップルのCMは、プロダクツの美しさをひたすら見せつけるタイプが多かった。
それはもちろん、何も語らなくてもプロダクツ自体が語ってくれるほどデザインにいちいち自信があったからなのですが….。
iPodのCMのようにシルエットで聴きまくり、踊りまくるモデル達も記憶に残っている
(似たような映像エフェクトがPVなどでコピーされまくりましたね)。
iPodは、音楽を持ち歩いて聴くというシンプルな使い方だったため、使い方は言うまでもなく、とにかく、音楽を何万曲も持ち歩いてどこでも楽しもう!というSONYのWALKMANが切り開いた世界を、より斬新に見せるために映像のギミックを借りる必要があったのですね。

しかし、スマホの先駆けであるiPhone、そしてタッチパネルタブレットPC(あえてこういいます)の先駆けであるiPadは製品の革新性もさることながら、ユーザーは、このイケてるかもしれないデバイスを、どう使いこなせばいいのか?おそらく未だにわかっていないのでないでしょうか?

だので、CMで訴求することは、iPhoneはゲームもできます、友達とSNSも簡単にできます、写真やムービーも撮れて編集までできちゃいますよ、と謳い、iPadでは医療や学校など教育分野、ビジネス分野、ゲームも出来ちゃう、といった使用方法訴求に重点を置いている。こんなに便利なんですよと。

最近では、日経の電子版のCMも、スマホのつぶやきという切り口で、メールや通話ばかりでなく活用しなさい、日経の電子版とかで。と訴求しているのをいつぞや見たなと…。

特にiPadは教育分野で活用をしてほしいらしく、そのためiTunesストアではエロ禁止となっているらしいと、これもまた某IT系社長から聴いた。エロはAndroidに任せておけばいいと。

スマホやタッチパネルタブレットPC(あえてこういいます)を持て余していませんか?というコトを、
みんなにうまく訴求し、そこに便利なアプリやクラウドをひもづければ、
それらも「売れる」という可能性を実は爆発的に秘めているのではないでしょうか?

革新的なデバイスも、結局「使い方」次第ですかと。
テクノロジーを使いこなせなくなってきている、もてあましている…。
いや、過剰なテクノロジーが、いま過渡期を迎えているのかも知れません。

自動車が過剰なスペックを競っていたあの時代のように…。

これからは、自分らしデバイス?を選ぶ時代になっていき、
より洗練されてくる のでしょうか。

 

関連エントリー

 

 

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.