本の値段と電子出版の値段

哀愁の本from足成

本の値段が内容にリンクしていないと思うのはぼくだけだろうか?
どうしてか?

これは本の値段というものが、
印刷代と紙代、つまりページ数であるていど決まるからだ。
これでは、内容が面白くてページ数が少ない本が安く、
内容がつまらないのに、ページ数が多くて高いという本があり得る。

ただ、ページ数が多い本を書くには時間がかかるという事実もあるのだが。
(編集者がものすごく悩んで本の値段を決めているのは知っていてあえてエントリー)

著作者には部数に対する印税が入るが、
印税率は本の価格の7〜10%とだいたい決まっているので、
高い本の方が一冊売れたら入る金額も大きくなる。

著作者からすれば、本の値段は高いにこした事はないが、
出版社からすれば「編集者の人件費や、印刷費などから大体見える金額をベースに、
さらに写真や、装丁、イラストなどを使ったら…という具合に算段し、
初版部数を読む」といった感じで確定する。

がしかし、電子出版ならこの物理的な紙と印刷代がなくなる分、
本の値段を自由に設定できるという利点が大きいな….
とふと思ったのです。

電子出版なら千ページ近い本を100円で売っても良いのです。
これは紙の本では不可能だろう。
(紙の本は文庫本ってのがありますが、それが装丁と紙の値段に比例している。)

作者がもっと安い値段で届けたいと思えば、それが実現できる。
これが電子出版の最大の利点ではないだろうか?
新しい技術やインフラが出来たとき、
その利点が明確になった瞬間にブレイクする。

おいらの本は、もっと高く売れる!
おいらの本は、もっと安く売りたいんだ!
といったことが自由にできるようになり、
今著名な作家が昔書いた作品だけど、今読んでくれるなら
100円でいいや、といったコトや、
ものすごい労力でページ数がエライ量んだけど、
絶対読んでほしいから、 10円でいい。
これが電子出版の本領発揮だと思う。

とはいいつつ、
大手アマゾンや、Google Books、日本の大手出版社もぞくぞく参入しているにも関わらず、
著名な作家の本がアプリというカタチでリリースされてきている。
やはりE Booksのプラットホームが確立されていないコトの証明でもある。

そう思うと青空文庫なんて結構さきがけていたなあと今になって思ったり。

iPadが出たとき「あぁ、やっと紙の本とおさらばできる。」
と思ったのが1年前。
タブレット型端末もいろいろ出て来た。

もちろん、紙の本はもちろんうれしい。目に優しいし、
手に取った時の装丁の重みがある。

CDが配信に駆逐されたのとは違う末路を紙の本はたどるだろう。
アナログレコード的なコレクターズアイテムになるのだろうか?

まあ、E-Booksを楽しむ環境はできたのだ。
あとはどう、パブリッシングするかだ。

 

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.