デザインから細菌が650万個!

blog icon 連日報道されている不二家の件で、「甘い同族経営」「ずさんな管理」といったワードがとびかっているが、私は細菌の個数が気になるのよ。

国の基準は1グラムあたり10万個以下となっており、メーカーによっては、より厳しい基準で管理されているという。

不二家の場合、650万個以上検出された例、さらに無限にありすぎて数えきれなかった例も挙げられているが、そもそも10万個数えるだけでも途方もない気がする(まあ、検査機でやるんでしょうけど)。

 いくら不二家のケーキが美味しいからといって、細菌もそこまで増えなくていもいいんではなかろうか、というのはシャレにならいない。

 人の腸には10億個以上の細菌がいるらしいので、650万個くらいで即健康に害は出ないとも。とにかくニュースや新聞を見てると、細菌の数ばかりがぼくの目には飛び込んでくるのだ。

そこで、わたしらのようなクリエイティブな仕事でこういった事態はあり得るのだろうか?と考えてみた。
食品加工とはかけ離れた仕事だしな…。
もちろんデザインから何百万個もの細菌が発見されるわけはないが、納品したデータに「ウィルス」が入っていたりしたらどうだろう?

 大企業ではないが、不祥事はどんな会社にとっても致命傷なのだ。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.