レンポジ

blog icon グラフィックデザインをやっている方なら「レンポジ」と聞いてすぐわかると思いますが、最近は「ポジフィルム」自体をあまり見なくなってしまったので、「レンフォト=レンタルフォト」の方がわかりやすいかもしれません。

レンフォトすら、最近はロイヤリティーフリーが多くなって来て「借りる」という概念が薄れて来ています。このロイヤリティーフリーも、「フリー素材」などと言われて、まるで無料扱い。

レンフォト屋さんも、写真をデータベース化してネットで売るのが当たり前。デジタル化された大量のポジはどうなったんでしょうか? 悲しいものです。


さらにWEBは進化してFlickrをはじめとするフォト共有サービスがひろがり、それらにクリエイティブコモンズによる著作意思表示が加われば、これほとんどレンフォト屋と変わらない状態です。

Flickrを見れば「どうせ素人が撮ったんだろ?」という考えは吹き飛びます。

さらに大規模なフォト共有サービスではなく、個人で、自分が撮影した写真をウェブ上で高解像度のままアップし、自由に使ってくれ。というサイトも増えてきた。

写真を撮った人からすれば、多くの人に見てもらいたいし、多くの人に使ってもらいたい。
それはイイことだと思う。

おそるべし写真のデジタル化。
その影で「プリント写真」をアルバムにいれて後生大事にとっておく、
という習慣がなくなるのも悲しい気がする。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.