ビリティが流行っているらしい。

ユーザビリティ
アクセシビリティ
アカウンタビリティ
フレキシビリティ

意味や用法は、他のサイトに任せますので書きませんが、最近この「ビリティ」がイケてるらしい。
といってもIT業界だけか?

まあ、とにかく流行っているのなら、もっと身近に「ビリティ」を使ってみよう。
よし、なんでもビリティをつければイケてるんだね!


「腹減ったビリティ」
「困ったビリティ」
「疲れたビリティ」
語尾に「た」がつくものと相性がいいようだ。

例:この料理は腹減ったビリティに配慮がないよね。

なんでもかんでもつけてみる。

「眠いビリティ」「暑いビリティ」「あほビリティ」「ビビリティ(だじゃれか?)」「なんじゃビリティ」「可愛いビリティ」。。。

イマイチである。

「おしっこちビリティ」
うん。おしっこをちびるシチュエーションとして有名なのは「驚いたとき」または「怖いとき」だろう。

例:あの遊園地のお化け屋敷は高い「おしっこちビリティ」を実現している。

ううん、なんだかなあ。ビリティ。

ビリティって、一体?

もう、寝るビリティ。。。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.