どうしてGoogleはブラウザを作りたがるの?

という質問をうけたことがある。

たぶん、Googleのクロームがなんであんなにバナー広告やCMまで打って宣伝するんだろう?
と疑問をもってのことだろう。

そいういう私もいまChormeを使ってこのブログを書いている。

ブラウザはMSのIEが独占状態だったがFirefoxの台頭ですこしづつだが、
ブラウザって選べるんだなぁっという意識が浸透してきた。
また、iPhone人気でSafariの知名度もあがってきている。

ブラウザはネットへの入り口として未だに重要な役割を果たしている。
ここから入力される情報量はハンパではないからだ。
ここから入力される情報の貴重さはいわずもがなのどから手が出るほどであるのは、
想像に難くない。

ネットのトレーザビリティはかなり容易になっている。
特にログイン後であれば100%トレースできる。

facebookのアクティビティにように、誰が何をやったのかはもともと裏ではわかっているのだが、
それを公表するにも至っている。

プライベートとは一応法に触れないかぎり何をやってもよいのだ。
特に想像は無制限だ。
しかしネットでは何をやってもいいかもしれないが、誰かに
見られているということだけは隠せない。
ネットの世界で目撃者ゼロはあり得ないのだ。

では、GoogleやMSがビッグブラザーになるのだろうか?

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.