電話は相手の時間を奪うか?いきなり電話は失礼か?ではなくコミュニケーション手段の問題

私は電話が昔から嫌いです

私は昔から電話が嫌いです。固定電話時代です。留守電全盛時代からです。
世はまさに、帰って来て留守電のメッセージを聞くことがリア充だった時代からです。

私は結構オタクだったので、電話がかかって来て自分の時間を邪魔されるのをすごく嫌っていた覚えがあります。つまり電話をかけるのは結構好きだったりします。そう、かかって来るのが嫌でした。(これは個人の感覚です)

ちなみに私が若い時は、固定電話しかコミュニケーション手段がありませんでした。あとは手紙。
手紙はどうしてもリアルタイム性が欠けるので、電話が主たるコミュニケーションの基本となるのですが、かかって来るのは嫌いだけど、かけるのは好きだったので、留守番電話が大好きでした。一人暮らしを始めた時、留守電をすぐに導入したのを覚えています。

ちなみに寂しがり屋でもないので、留守電に何もメッセージが入っていなくても、気にしませんでしたが、留守電が入っていると嬉々としていたのを覚えています。

そんな私が、現代における電話=相手の時間を奪う行為=仕事できんやつ!的な発想に対してモノ申します。

電話をするのが仕事という人が一定数います

まず、電話を相手の時間を奪う行為と分かっていて電話をしなければならない人が一定数います。
これに関しては、もう仕方がないとしましょう。これの防止策は「出ない」しかありません。

テレアポは言わずと知れた代表格ですが、電話で確認をとる、というのが使命の人もいます(主に信用機関とかお役所)。
これは他人の時間を奪うという前提で掛けてくるので、防ぎようがありません。

また、携帯電話ではなく「固定電話信者説」も一定割合でいます。固定電話は利用場所が突き止められるので、確実にその場所に電話が設置されているか?というのを確認する手段として有効です。でもそれは信用機関とか、興信所しかもはやしか使わないような…。

しかし、誰も出ない固定電話より、出る携帯電話番号の方が、信用度が高いというのが現実だと思います。

「着確」という悪しき習慣

次に、何かが着いているか?という確認の電話です。これも通信インフラが不確定な時期の名残です。
初期のメールコミュニケーションでは、「メールが着いているかどうか?」が不安定でした。
これはインフラの問題です。なので、やっている人に責任はありませんが、未だに「メールを送っておいたので確認しておいてください」という電話をするのはナンセンスです。
※ファクス時代によくありましたね、ファクス届いていますか?っていう確認の電話。

メールはおそらく、今どの通信手段より確実に届きます。メアドを間違えていない限り。

そして、添付ファイルが1MB以下という制限があった頃の時代の話でもあります。確かに当時添付ファイルは曲者でした。それはメールインフラが整っていなかった頃の話なので、今時添付ファイルが届いていないとか?いう不安な状態は、かなりサムイです。メールの添付ファイルが届いていない場合の90%は、おそらく自分の間違えのせいです。

もちろん、添付ファイルに1GBの映像ファイルとかZipファイルとか送ったらダメですよ。でも、それも現代において常識の範疇に入ると思います。1GBのファイルが添付でなんで送れないの?という人は、社会人失格です。もし、会社で新入社員が1GBのファイルを添付で送ろうとしていたら、それを指導・注意しない会社の管理体制の責任です。

では、電話するシチュエーションとは?

コミュニケーション手段が、電話、手紙、ファクス、メール以外にこれだけ増えた現代において、電話をしなければダメなシチュエーションとはどう言った状況でしょう?

それはかなり特殊な状況です。

例えば、マスコミ関係者(死語か?)で、抑えなくてはならない芸能人のスケジュールが、虎ノ門の某場所にて14時から14時30分までしか時間が取れない、そこへ取材に来てくれるライターいるか?!と言ったケース。そこにその時間に行けるスケジューリングできる人が最優先され、その人材を確保することが主たる仕事のような人にとって電話は重要なコミュニケーション手段でしょう。(にしたって、持ち駒に一斉メールして、返事が早い人をアサインすればいいような。)

私は広告ギョーカイに長らくいたので、上記のような即答を求められるケースのみ、電話コミュケーションは強力だったと記憶しています。

でもこれってすごいレアですよね?

ほとんどの人において、即答を求められるようなケースはないと思います。ジャスティンビーバーのスケジュールを決定するかのような場合以外。
そんなに、即答がプライオリティとして高くないのです。ほとんどの人の業務において。

電話じゃない方が即答を返せるケースがある

例えば、あなたが会議中、もしくは電車で移動中。電話よりもあきらかに、チャット系やメッセンジャー系アプリでのコミュニケーションの方が即答できる状況にある場合、電話の最強神話は崩れます。

現代において、電話というコミュニケーション手段は、場合によって最強ではなくなくなるのです。それは著名人、芸能人、SVIPに限らずです。
このように、現代においてここまで多様なコミュニケーション手段がある中で、電話を選ぶ理由は少数派だと思えます。

要はTPOに合わせたコミュニケーション手段を

使い分けらることが重要なんです。
これが現代においては最適解だと思います。

人により、案件により、緊急度により、コミュニケーション手段を使い分けられる能力が求められているのです。

しかし、凡夫においてほとんどの手段は、緊急度が低いという前提を考えてください。

あなたの緊急度は低いのです、基本

即答しないと国家転覆しますか?
即答しないと何億円も失いますか?
即答しないと会社が傾きますか?

それは、本当に限られた人たちの話です。
ほとんどの人は、せいぜい自分のバツが悪いとか、即答した方がイケテイルとか自分本位の理由でしかありません。
そんな人が焦って電話をかけるので、「相手の時間を奪う行為だ!」などと電話が槍玉に挙げられるのです。

現代ほど、即答する手段がたくさんある割に、即答性が求められない時代はありません。
いや、昔から即答性など求められていないのです。一部の限られたシチュエーション以外では。

結論

自分の都合でコミュニケーション手段を選ぶな

に尽きるのです。

もし、あなたが凡夫であり、相手も凡夫であれば、いきなり電話する!というのは間違ったコミュニケーションです。
これは「仕事ができない人」と言われても仕方がありません。

相手の都合を考えて、コミュニケーション手段を考えれば、おのずと返事はついて来ます。

え?全然返事がない?

それは、相手にとって応える必要もない事(もしくはこたえられない事、いや、答えたくないコト)だからです。
※忘れている場合もありますよ!

相手ファーストでコミュニケーション手段を考えた結果、コミュニケーションが取れないのであれば、それはそれで様々な通信手段を用いればいいだけです。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.