生きるか死ぬか?人生もオンかオフ=デジタルも1か0

突然ですが、明日あなたは生きていますか?
「生きているに決まっている。」みなさんそうお考えだろう。

生きるか死ぬかは常に五分五分なのに…。

ちょっと過去のメモから発掘した、「マルチマン的な物の見方随筆」エントリーなどを。

医師から明日死ぬ、と言われたらどうだろう?

もしくは、死神が目の前に現れて、明日死ぬ、と言われたらどうだろう?

死なないまでもなく、とつぜん、身内が全く動きもせず、話もせず、いわゆる植物人間になったらどうだろう?

生命維持装置を医者は外すことは出来ない、いや何人たりともそれを外す事はできない。
命あるものは最大限尊重されなければならない。ひとまず今の日本においては…。

その状態の人を「¥」に置き換えてはならない。
そもそも通貨は人間が作った概念であり、実体はないのだから。

なにもしない、なにもつくりえない、ただ二酸化炭素を出すだけの存在に意味を見いだすことはできないのだろうか?

生きているものは必ず死ぬ

しかし、そもそも万物は諸行無常であり、形あるものはいつか無くなる。いかなるものも。だ。
それが定めし自然の掟というのであれば、これもまた仕方なしとあきらめがつくだろうか?
全てはなすがまま、であり、自身の死を選べないことも、家族がどんな不条理を強いられようとそれは、「流れ」であるという。

きっとそのとき、自分のスイッチが入るだろう。

ではあなたは何のために生きているのだろうか?

と。
あなたがやっていることと、そこに何もしない、もはや石ころ同然のものと、
なにが違うのだろう?

明日、いや次の瞬間、どんな死に方をしようと、それについては常に「異議なし」なのだ。
あの時、こうしていれば?
なぜあなたが?
それは残念だが無駄だ。

0と1で全てを表現する。

デジタルは人間が作った究極のシステムである。
全て2択。

実際の現実(リアル)は複雑で連続性にあふれ、まるで永遠かに見えるが、
本当は、ON(生きている)か、OFF(死んでいるか)が全てである。

物質はそこにあるかに見えて、瞬いており、常に揺らいでいるというのは素粒子力学ではほぼ証明されている。
つまり、すべては平等にONかOFFであり、君がそこに何か意味を問いだす余地はない。

もっと突き詰めて考えれば、君の考える価値観なんて全くちっぽけであり、
むしろ、生きていることは全くもってレアであり、ありがたくさえ思えてくる。
宇宙的に。

全ての境遇は「アリ」

なのだ。
結果として。
たとえ、どんなに悲惨でも、不幸でも、どんなに恵まれても、裕福でも、
それに、優劣はなく平等であることを認識すべきだ。

スイッチはONとOFFしかない。

そのスイッチが押されるか、押されないかは全てあなたの体験によるのだ。
想像ではない。体験でしか入らない。

想像力がどんなに強くても体験にはかなわない。
では疑似体験はどうか?

これがグレーゾーンだ

そうか、これが揺らいでいる状態なのだ。
つまり、物質になるのかならないのかの中間の状態。
いわば、観察されない、認知されない状態。

このグレーゾーンを解き明かすのが、量子力学のこれからの課題だ。
ONでもOFFでもない状態。黒でも白でもない状態。

グレーゾーン。
量子コンピュータの出番だ。

それがこれからの未来へのヒントかもしれません。

あなたも、グレーゾーンに入ってみませんか?

こんなことを考えて死亡率メーターを思いつきました。
死亡率メーター

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.