OS X Yosemite クリーンインストールメモ

クリーンインストール画面

やはりクリーンインストールが快適にMacを使う最良の手立てだと友人から散々言われているのにもかかわらず、2〜3世代上書きOSアップデートインストールを繰り返してさすがに動作が重すぎるようになったiMacをクリーンインストールすることになり、今後機会が増えそうなのでメモがてらその作業を残しておくっす。

まず、iCloudの同期は最初にしない

クラウド化を進めたがゆえ

「設定中」でとまるためです。
他の方もブログで書かれていますが、私の場合、最初にiCloudにログインしたら、「Mac を設定中」で一晩中かかってもそのままだったので、これは何かおかしいと思い、この時点でパワーボタン長押しで再起動後、同じように「iCloudログインしますか?」的なアラートをスキップ。
これでとりあえず、いろいろとできるようにはなるので、「iCloud」の同期設定は後でやる。

多分ですが、私はiCloudをこの時点で200GB(うち使用は140GB)の有料ユーザーなので、
同期するものが多すぎて止まった(もしくは一生懸命やっているのですが終わらず)のではないかと…。

大半が「写真」のデータなので、もし、正常にMacが一生懸命同期していたとしても、数日はかかってしまうのでは?と思ったので。

徐々にクラウドから必要なフォルダをダウンロードする

私は、DropboxとGoogle Driveに主なデータを保存しており、これらの同期の方が先決なので、ひとまずMacが起動したら、仕事に使っているファイルから優先で同期させます。
何度かやったことがあるのですが、DropboxとGoogle Driveも数百GBあるので、一気に同期させようとすると、ものすごい時間がかかります。

なので、両方共フォルダ選択で同期させていきます。
一見面倒なようですが、何回かやって一気に同期させると、大きいファイル(感覚的には1GB以上のファイル)で必ず止まったり、エラーを起こすので、同期が進んでいるのか、止まっているのかよくわからないまま数日が過ぎていくのです。

なので、使用頻度の高いデータからフォルダ単位で選択して同期していきます。
最悪はブラウザからアクセスすればピンポイントでファイルは取り出せますし。

といった感じで、必要なアプリとファイルだけをローカルに戻しました。
ここまで2時間くらいなので、Macが突然クラッシュしても、かなり早い復帰が望めますね。

あとは、すぐに必要じゃないけど、ローカルにあった方が良い、または安心といったものを同期させていきます。

iCloudの設定で、「写真」だけ重そうなので、最後にとっておきました。
ですが、「写真」は結果として高速に同期できました。正確に測っていないですが多分30分くらい?
写真は140GBくらいですが、どうやらまずインデックス情報→サムネイル→本解像度といった順なので、すぐに表示されるという意味では、安心します。

iTunesは、すぐに同期できました。
私の場合、楽曲はだいだい6000曲くらいですが、すんなり同期です。
こちらも、ローカルにないファイルは「クラウド」マークになっているので、わかりやすいですが、ひとまず曲とアーティストはがっと来る感じでこちらも安心です。

あとは、必要に応じでファイルをローカルに落としていきます。

せっかくクラウドなのにローカルになんで落とすの?

せっかくクラウド化してるのに、ローカルに落とす必要あるの??と思われる方がいるでしょう。

クラウドサービスを信じてはいますが、ネットへの接続がなんらかのトラブルでダメになった時!というかなり最終防壁的な役割で、一応ローカルに落としています。
クラウドがメイン、ローカルをサブ、タイムマシンを最終手段、といった3段階バックアップです。
ただ、ファイルの重要度、使用頻度から、ローカルディスクをあまり圧迫しない感じで、ダウンロードして使うというやり方がここにきてようやく出来たなあと感じています。
クラウド計画はGmailに始まり、CDのiTuens化、DVDを全てリッピングと、ちまちまとデータ移動してようやく完遂な感じです。

しかし、Google Driveで、1ファイルが1〜3GBくらいあるファイルが数百ファイル入っているフォルダが、ヤバい。こいつを同期させるのに数日かかるだろうなあ。
個人のムービーデータなので、同期させてローカルに置いておきたいところ。

後日補足
結局これは徐々に同期してローカルに全て落ちるまで大体7日間くらいかかった、いくつかのファイルが同期エラーになるが、しつこく再同期させることによって、全てダウンロードできました。この全てダウンロードされるのにさらに4〜5日かかった。

デスクトップ
復活したデスクトップだが、ここまで来るのになんだかんだで半日。

写真を削除しなくなった。

ただ、最近iPhoneで写真をバカスカとっても、大丈夫なので、削除しないで放置しているので、よくわからない意味不明な写真がたくさんクラウド上にありますね。
これはこれで、ビッグデータの米粒(いやダニ?)みたいになっていくのでしょうが、積もり積もれば大きなモノになっていきそうです。定期的に見直そうかなぁ。

そして、「昔撮ったあの写真」が1枚くらいなくなっても分からない、といったコトも多分起きているかもしれません。

こういう時、プリントの写真なら、アルバムの中の1枚だけ抜け落ちてたらわかるんでしょうね。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.