Googleの個人情報管理一元化の波紋いまさら

Google Doodle

まあ、Gmailをメインで使い始めた頃から私は全てをGoogleにゆだねたので今更感は当然ある。
ただ、こう考えるとけっこう怖い要素がひとつある。
Androidの存在だ。
スマホへの搭載率がどんどん増えている(というかApple以外のメーカーはほぼAndroidなんだが)。
つまりスマホからの情報もほぼGoogleに掌握されることになる。
スマホから得られる情報はPCのそれから比べれば膨大である。

いままでGoogleはPCユーザーを主なターゲットし、OS開発も加速させている。
「世界中の情報を世界中の人がアクセスできるように整理する」というグ社の使命は、
個人情報もその対象としているのかもしれない。
実際に膨大な個人情報を収容しているGoogleだが、それを広告にし、広告主と利益を享受するのであれば、
Googleはまさにビッグブラザーとなる。

一方既存の広告は広告で、一生懸命個人情報を集め、それを一生懸命に活用していた。
両者の行っていることは、もはや近いレベルではあるが、広告の質が上がる事に関しては賛成だ。

興味のない広告を見る事は不快を通り越して、広告主側にも甚大な被害を与えるほどになっている。

Googlejは広告の質をあげると同時に、広告収益以外の道を探さなければならない。
そのときにGoogleの終焉か、もしくは繁栄が約束されるかが決まる。
Googleはインフラに近いのでいまは必要不可欠なのだが、すべてのものは永遠ではない。

個人情報保護法なるものがあるが有名無実と化している。そのわけは個人情報収集が容易になった今だから効力を発揮するのだが、
Googleが個人情報を管理している事に個人がメリットを感じているからに他ならない。

少なくともいまの私はそうだ。

Google様に心地よい広告を出してもらった方が分けのわからない広告がでるよりよっぽどましだし、
膨大になり続ける情報の効率の良い整理にはインターネットを使うしか今のところないからだ。

だから個人情報をGoogle、およびその他のSNSに預けることになんら抵抗はないし、
密かに収集されてもいっこうにかまわない。
犯罪に使われる率がこれによって高まるというのであれば、サービスを利用しなければよい。

もはやこの流れは止められない。
インターネットを超える何かが出現しなければ。

関連エントリー

どうしてブラウザを作りたがるの? 2
http://www.maltiman.com/?p=720

どうしてブラウザを作りたがるの?
http://www.maltiman.com/?p=715

Googleにゆだねたべ
http://www.maltiman.com/?p=171

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.