きたるべきGoogleのシナリオ(予想です)

ビックリネタ こんなシナリオを思い描いてみましたよ。

Googleが映像データの中身を自動解析し、その内容に最適化された広告を出すという技術をYouTubeに盛り込むことを発表した。


これまでは、映像や画像データの検索には、タグといわれるキーワードのようなテキストデータが用いられてた。しかし、タグが適切に付けられていない場合、検索精度は著しく落ちてしまう。Googleによると、「もう映像や画像データにタグをつける必要はなくなった。高度な画像解析技術が、ムービーデータ内の俳優の顔まで判断できる。」という。

これはYouTubeの著作権問題に対するGoogleが出したひとつの解答ととらえる事ができるだろう。

それだけでなく、構図やカットのタイミングによる解析アルゴリズムは、自動的に映像の善し悪しも判断するという。「醜悪な映像や刺激の強い映像は、自動的に検索結果からはじかれ特別なカテゴリーに分別することも可能である。もちろんこの技術はアダルトカテゴリーにも適用できる。…」

以上、私の予想です。

Share This!

About Ryosuke Yamaguchi

いつも次を考えているmaltimanこと山口良介です。maltimanというHNでネットには昔からいます。ホントノ株式会社の代表をはじめ、野良IT、みどりの鳥、みどりーむネクスト、などいろいろやっています。

WebSite Facebook Twitter Instagram Google Plus Linkedin Flickr Tumblr

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

答えを入力してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.